代表あいさつ

『人とのご縁・仕事への情熱・家づくりの想い・全てへの感謝』を大事に大切に。

代表あいさつ
私は幼少期から何故「お父さんは何故いつもあんなに怒っているのだろう???」と思いながら過ごしていました。その僕には怒らないし優しいのに・・・
成長するにつれだんだん理解できてきました。「ウチには家族じゃない人が住んでる」その人に怒っている事を。

玄関にある靴一つが揃っていないだけで「おいっ!こらあああああああ!!」と弟子を叱りつける父を見て「そんな怒る?」といつも思っていました。

小中とのびのび育った私は工業系の学校に入学しました。工業系ですが建築科は無く機械科に入り卒業しました。卒業しレーサー養成をうたった専門学校に入学。しかし出来たばかりの学校はとてもレーサーを養成するようなシステムは無く、ただ2年間、潰れたボーリング場の中にある教室に通いました。

卒業後、株式会社セイオー(ダスキン)に入社!理由は『車で走れるから!』入社後3日で『この会社で一生いる事は不可能』と判断しました。自分一人がいなくても会社は回るという事がわかったからです。自分がいないと仕事が回らない!そんな仕事をしたい!そう思いました。
次の仕事を考えると幼い時に言われた父の一言が甦ってきました。「大介は俺と一緒に仕事するだいな~!!」それからダスキンを退社するまでの2年間は自分の力を試すために全力で営業に取り組みました。

提坂工務店で一生働こう!と思っていた私は、提坂工務店に入社しました。当時は社内に跡取り予定の兄が大工。姉は宅建主任者兼経理を担当していました。

私はダスキン時代の力を発揮する為に営業として入社しました。しかしながらダスキンと建築業では全く畑が違いダスキンでの営業方法は通じず、盗んで覚えろ!の社長からは当然教えてもらえる訳もなく・・・というよりもバブルが弾けていた時期で提坂工務店も例に漏れず仕事が薄い状態でした。現場もない営業先も無い・・・当然社員大工さんは休ませるわけにも行かず工場の清掃等をやっていました。

そんな状態ですので銀行からも取引停止の手前になり「提坂さんには貸さない!ちゃんと経営計画を立ててください!」まで言われる始末。

確かに私が入社した時、色々な変革期に入っていたと思います。大工さん経理体制の見直し等が必要に迫られていました。入社したての私から見てもこの会社は会長一人でもっている会社に見えました。そのせいか、会長がいう事は誰も止めることができず意見も注意もできなくなっていました。

私は昔から会長にはドンドン意見を言えますので「これはおかしい」「それは違う!」等ガンガン言ってきました。
そうは言うものの何かアイデアがあるわけでもなくどうしようか悩んでいた所、ダスキンで学んだ営業方法を活かす方法を思いつきました!

それは過去にお世話になったお客様にお伺いすること!まずリストアップから始めました。次はルートを決める!そして毎月回る!これを続けました。(今では私の代わりに御用聞き専門スタッフがお客様宅を訪問しています。)すると顔を覚えられ声をかけてもらえるようになりました。そしてリフォームの受注をいただくようになりました。

お世話になったお客様宅へ通ってお話を聞くたび「四郎さん元気?四郎さんがこんな感じにしてくれたんだよ~。お茶でも飲んでく?」等、私が思っていた評価とはだいぶ違う。凄く評判が良いんです。

家づくりに真剣で大工さんや協力業者さんに厳しくしていたのは「お客様の為だった!」と改めて思い。先代を否定ばかりしていた自分が恥ずかしくなりました。それから打合せ中のお客様、OB客様を大切に仕事をしていきました。

すると何十年も前にお世話になったお客様の息子さんが家を建てくれたり、リフォームの仕事をいただいたり、はたまたご紹介をいただいたり。本当にありがたいです。

おかげさまで先代より平成26年に代表取締役を私、提坂大介に交代しました。

先代より受け継いだ
『人とのご縁・仕事への情熱・家づくりの想い・全てへの感謝』を大事に大切にこれからも仕事をさせていただきます。

お問い合わせ・資料請求はこちら!│提坂工務店│Tel.0547-35-3376│島田市・藤枝市・焼津市・吉田町│新築・リフォーム・不動産
ページトップへ