REFORM

リフォーム

リフォームのご相談はお気軽に

家を住みよい状態にしてくれる「リフォーム」は、家が古くなったときだけではなく、家族構成が変わったときなどにも選択肢の一つとしてあがってくるものです。

新築の注文住宅を得意とする提坂工務店ですが、弊社はリフォームも得意としています。
私たちは「お客様にとって、理想の一棟を建てること」をモットーとして仕事に取り組んでいますが、それはリフォームにおいても全く変わりがありません。

地元完全密着の弊社では、大小さまざまなリフォーム工事を承っております。お気軽にご相談ください!

  • どんなことで困っているのか
  • どんな生活を望んでいるか

まずはお客様のご希望をしっかりとヒアリングします。
そのうえで、本質的な課題が何かを明らかにして、最適なリフォームをご提案します。

リフォームとリノベーション

「リフォーム」と似ている言葉で、「リノベーション」があります。
どんな違いがあるのか、まずは「リフォームとリノベーションの違い」について説明します。

  

リフォームとリノベーションの違い

リフォーム

  • キッチン、トイレ、浴室など、水回りなどの傷んだ箇所を直すこと
  • 色があせたりひび割れしてしまった外壁を補修し塗装し直すこと
  • 室内の壁紙を貼り直したり、玄関の修繕など部分的な工事を行うこと

リノベーション

  • 細かく区切られた部屋を、大空間の一部屋にする(3LDKを1LDKにするなど)
  • 家の構造躯体を改修して耐震性能をアップさせる
  • 水・電気・ガスなどのライフラインを改修して性能をアップさせる

「リフォーム」とは、「現在ある家の状態を基本として、新築の状態に近づけること」を指す言葉です。老朽化した設備を改修したり、部分的な工事を指します。部屋の構造やインフラはそのままにして、汚れや傷、故障を修復するような工事を「リフォーム」といいます。

対して「リノベーション」とは、「現在の住まいをより良くし、住宅の性能をアップさせること」を指します。柱などの躯体をそのままにして、壁や天井を壊して新たに作り変えるような、大規模な工事になります。

リフォームとリノベーションのメリット・デメリット

リフォームとリノベーションには、それぞれメリットとデメリットがあります。
リフォームの場合、リノベーションほどお金をかけずに行えるのがメリットです。小規模な工事で済むことが多く、家に住み続けた状態でも工事を行えます。

工事もすぐに済むため、時間的・費用的な負担が少ないのが魅力です。比較的安価に、「きれいな家」を作ることができるのがリフォームの特徴です。
ただ、リノベーションほど大規模な改修はできません。そのため、既存の間取りを活かしたまま手を入れるやり方が基本となります。

リノベーションの場合は、大胆な工事が可能です。基礎工事部分だけを残して、上物をほぼ一から作り直すこともできるため、自由度の高い設計が可能となり、これまでとは違う生活環境を手に入れることができます。
また、そうであっても、新築で家を建てる場合に比べれば安上がりです。物件自体の価値も上がります。
リノベーションは、リフォームに比べて時間がかかります。特に大規模なリノベーションを希望する場合は、工事の期間中は別の家に住まなければならなくなるでしょう。

コスト、自由度、時間の切り口で比較すると、以下のようになります。

リフォーム リノベーション
コスト
小規模工事で済むため比較的安価にできる。
大規模な工事もできるため費用がかかる。
自由度
現状を活かし工事を行うため自由度は低め。
大胆な工事ができるのでほぼ1から作ることもできる。
時間
すぐに済むため住んだまま工事をすることができる。
大規模改修の場合は別の家に済む必要が出てくる。

「リフォームとリノベーションの違い」を取り上げてきました。どんな工事をしたいのか、あるいはどんな工事があり得るのか、機能・性能はどうしたいのか、予算はどれくらいかなど、ご希望をお伝えいただければ、様々な工事の経験がある弊社が、最適なご提案をさせていただきます。。

リフォーム工事の種類

リフォーム工事の対象となる箇所は、数多くあります。一般的にご相談が多いリフォーム工事の例についてご案内します。

キッチンのリフォーム

「キッチン」は、リフォームを希望する人の割合が非常に多い場所だといえます。「リフォーム検討中の場所」のなかでも3位についているところで、比較的大規模なリフォームもよく行われています。

クローズドなキッチンであったのをオープンにしたり、対面キッチンにしたりといったリフォームがよく行われます。光熱費を浮かせることのできるオール電化対応に切り替えるご家庭も多く見られます。
また、古いキッチンの場合、床が傷んでいることがよくあります。このような場合、床のリフォームも視野に入れます。

お風呂・浴室のリフォーム

古いタイプの浴室の場合、浴槽が深くなっているタイプがよくみられます。
足腰が弱くなってくると「またぐ」という動作が大きな負担になってしまいますし、場合によっては転倒したりおぼれたりすることもあります。

このため、浴槽に適度な段差を設けたり、手すりを付けるなどして、このようなリスクを軽減するリフォームが求められます。
また、床材を滑りにくい素材にしたり、給湯設備を入れ替える工事もよく行われます。

トイレのリフォーム

一般社団法人住宅リフォーム推進協議会が平成31年に行った「リフォームを考えている場所」のアンケートでは、「トイレや洗面所」が1位でした。
毎日使う場所ですから、どうしても傷みやすいのです。このときには、節水型の便器にしたり、掃除しやすいボウルにしたり、手すりをつけたりする工事がよく行われます。

外壁と屋根のリフォーム

外壁や屋根も劣化します。外壁の場合、部分的な補修と塗装のし直しをしたり、サイディングを全く新しいものに張り替える工事がよく行われます。
屋根の場合も同様で、部分的な補修と塗装のし直しのほか、スレート瓦やガルバリウム鋼板を張り替えることもあります。
また、後付けで太陽光発電装置をつけるご家庭もあります。

外壁と屋根の工事は、ともに足場の設置が必要です。どちらもメンテナンスが必要な場合は、一度にまとめて工事を行うと、分けて行うよりもトータルの費用を抑えることができます。

子ども部屋のリフォーム

お子さんが独立したということで、子ども部屋を作り変えることを希望するお客様もいます。
たとえば洗濯物を干すスペースにしたり、書斎にしたり……といったやり方です。

また、子供が成長していくと、「収納スペースが足りなくなる」という問題が出てきますので、収納箇所を増やすためのリフォームを行うこともあります。

玄関のリフォーム

玄関は、家の顔となる場所です。
靴箱の収納量が少ないと、たくさんの靴を入り口に並べることになってしまうので、子供の成長に応じて靴箱を拡大するケースがよくあります。

また、経年劣化した床材を貼りかえたり、照明を違うものにしたり……といったリフォームもよく行われます。
玄関の扉は侵入者を防ぐ盾の役割も持っています。このため、より防犯性の高い扉に変えるご家庭もあります。

リフォームのことなら、ささいなご相談も提坂工務店へ

弊社では、リフォームの実績が多数あります。
ご家族でどのような暮らしを望んでいるのか、どんなイメージがあるのかを伺って、最適なご提案をいたします。

御用聞きスタイルで皆さまのお悩みを伺っておりますので、ささいな工事のご相談や、もう少しこうしたいというようなお悩みがある場合は、お気軽にご相談ください。