TIPS

新築一戸建てを建てるポイント

失敗しない家づくり ~新築一戸建てを建てるときのポイント~

家づくりは、一生に何度もない大きな買い物であり、大きな事業です。
誰もが失敗したくない、後悔したくないと思っています。
しかし、家づくりの情報収集が足りなかったり、つくり手にすべてを委ねてしまったりすると、思っていた家と違うものが建ってしまうかもしれません。

しっかりと情報を収集し、自分たち家族がどんな生活設計を立て、将来どのように生きていくのかという計画を家族みんなと話し合って、家づくりにのぞみましょう。
新築の家づくりで失敗や後悔をしないために、重要なポイントをまとめました。

家づくりの知識・情報収集

まずは、新築一戸建てを建てる会社を選ぶために、情報を収集します。

01. 資料から情報を得る

新築一戸建てや家づくりに関する書籍や雑誌を買って何冊か読んでおくことをお勧めします。
インターネットからの情報や、各会社のパンフレットを読んでおくのも良いと思います。
特に、既に家を建てた人の体験談は役に立ちますので、要チェックです。

02. 見学会や展示会に参加

次に、見学会や展示会に参加しましょう。
参加すると、スタッフからいろいろと質問されることになりますが、こちらからも自分の知識が正しいかどうか、質問して確認しましょう。
同時に、その会社の特徴も把握しておきましょう。

03. 説明会に参加する

「ここにしようかな」という業者を数社にまで絞り込めたら、説明会に参加します。
その会社のモットーや、過去の施工事例をよく見聞きしましょう。
また、大切なのは、代表者と会話をしてみることです。
本当に信頼がおけるかどうか、親身に希望を聞いてもらえるか、話してみて見極めましょう。

04. 建てる会社を選ぶ

家族会議を重ねて、信頼できる会社を選びましょう。
良い家を建て、そして数十年にも渡って住まいのサポートをしてくれる会社選びです。
一生のパートナーとしてふさわしいかどうか、よく家族で検討しましょう。

そして、信頼できる会社が決まったら、具体的な話し合いに進みます。
その会社の担当者とは長い付き合いになりますので、できる限り親しくなって、施主の皆さまからも誠意を見せていくと「家づくり」がスムーズになります。

プランを具体的に練る

依頼する会社がきまったら、プランを具体的に練っていきます。

05. 家族全員の要望を整理する

新築一戸建ては、ご家族全員の希望が詰まった家です。
家族会議を何度も開いてよく話し合い、どんな家に住みたいかを整理することが必要です。
そして、現在のライフスタイルに合った家づくりであるとともに、十年後の家族構成やライフスタイルも考える必要があります。

06. 資金計画

新築一戸建ては、高い買い物です。資金計画はしっかり立てましょう。
建築費用や諸経費、土地代を考慮した資金計画が必要です。
手持ちのお金や、ご両親のサポート、家族の収入の見通し、借り入れの見込みなどを考えていくことになります。

07. 土地選び

土地は、周辺の生活環境、通勤・通学の利便性などの立地条件と、予算を考慮して探していきます。
家づくりにかかるお金は、建築費、諸経費、土地代がありますので、土地代とその他の予算のバランスをよく考えましょう。

その土地の法規制がどうなのかも調べます。
様々な不動産情報がありますが、家の設計も考慮して土地を選ぶ場合は、建築を依頼する工務店などにしっかり相談しながら選ぶのが一番です。

08. 建築時期の検討

頭金ゼロで家が建てられるという宣伝を見かけることがありますが、貯蓄が少ない状況で、無理して踏み出すのはお勧めしません。
何らかのトラブルでローンが払えなくなる可能性がありますので、貯蓄をして、余裕がある状態で家づくりを始めた方が良いでしょう。
また、奥様が妊娠中の方も家づくりは敬遠された方がよいかもしれません。家づくりにかかわる雑事は多く、仕事を抱えたご主人に代わって行うことは何かと負担になります。

依頼の準備をする

家を建てる会社が決まり、土地が決まったら、実際に建てる準備を行います。

09. 地盤調査

新築一戸建てを建てる場所の地盤調査をします。
これは、工務店や専門家に依頼することになります。
水はけの良さや、傾斜地だったとか、川を埋め立てた土地だったなど、地元に長く住んでいる地域の工務店の方が、良い情報が得られるでしょう。

10. 設計の打ち合わせ

ご家族の希望を担当者に伝え、設計をしていきます。
設計の打ち合わせでは、難しい単語が出たりしますが、希望どおりの家を建てるために積極的に参加しましょう。
設計上、希望どおりに出来ないこともありますし、専門家からのアドバイスや提案もあります。
しっかりとコミュニケーションをとって、理想の家づくりの下準備をしておきましょう。

11. 支払い方法の確認と融資の相談

工務店から見積もりを受け取り、支払い方法を検討します。
支払い方法や金融機関からの融資についても、工務店の担当者によく相談しましょう。
金融機関にもしっかりと情報を伝え、無理のない借り入れと返済方法を選ぶことが重要です。

契約〜工事のチェック

契約書を締結し、建築時期が決められたらいよいよ工事に入ります。

12. 契約の締結

契約内容については、担当者から分かるように説明を受けましょう。
そして、「言った、言わない」は後でもめるところでもありますから、お願いしたことは契約書に明記してもらいましょう。
しっかりと契約書に目を通し、きちんと説明を受けてから契約を締結してください。

13. 工事が始まったら工事のチェックを

工事の進行表を提供されたらチェックして、肝心なところは実際に見に行くことをお勧めします。
工事の現場では、どんな作業をしているのか、進捗状況はどうかなどを現場監督に聞いておきましょう。
また、職人さんとコミュニケーションしておくのもお勧めです。お施主様がどんな人で、どんな気持ちで家を待ち望んでいるのかが分かると、モチベーションがアップします。

14. 引き渡し時のチェック

新築一戸建てが完成したら、引き渡しのチェックがあります。引き渡しのチェックは重要ですので、おろそかにしないようにします。
住んでから、「あれっ?これはいかん」と思っても面倒なことになることがあります。
時間をかけて、水回りを中心にさまざま角度からチェックしましょう。

15. 完成後の点検

点検や、アフターメンテナンス体制がどうなっているのかも、工務店選びのポイントです。
地元の工務店なら、ちょっとした不具合でも、時間をかけずに見に来てくれるでしょう。
また、地元の工務店なら、大きな工事が必要ないちょっとした家の困りごとも、気軽に相談ができます。

理想の家を建てるために

以上のポイントを押さえることができれば、お客様の求める新築一戸建ては、品質が高く、支払い面でも無理がなく、気持ちよく建てられるものとなるでしょう。

契約書をよく読んでいなかったり、話が暖昧なまま工事が進んだりして、引き渡されて住んでみてから、「こんなはずではなかった」と言っても後悔先に立たずです。
そのためにやるべきことをやっていきましょう!

提坂工務店は、皆さまの「理想の家」を建てるために全力を尽くしています。
家づくりのことで聞きたいことがあれば、お気軽に相談してください。