TWO-FAMILY

二世帯住宅

二世帯住宅をお考えの方

二世帯住宅とは、ごく簡単に言うのであれば、「親世帯と子世代(と孫世代)が一緒に住む家」のことを指します。妻側あるいは夫側の両親と一緒に住むというスタイルで、子育てが楽になるなどのメリットがあります。

二世帯住宅のメリット

1. 経済的な面で融通がききやすく、また余裕ができやすい

家族構成と家族の年齢にもよりますが、二世帯住宅の場合、そうではない住宅に比べて経済的な面で融通がききやすくなります。二世帯住宅のローンを親世代・子世代で協力して返していくことができますし、光熱費や食費も世帯を分けていたときよりも抑えられます。親世代あるいは子世代が一時的にローンを返すのが難しくなった場合でも、余裕のある方がサポートできます。

2. 生活面で協力しあえる

経済的な面だけでなく、生活面で協力し合えるのも大きなメリットです。
その代表例が、「育児」でしょう。
子世代が共働きの場合、お子さんを保育園や学童に預ける必要が出てくる場合が多いといえます。そのお迎えを行ったり見守り活動を行ったりすることは、喜びであると同時に負担でもあるものです。特に仕事に生きがいを感じている人の場合は、なかなか厳しくなるでしょう。しかし二世帯住宅ならば、「その時に手が空いている方が、子どもの世話をする」というかたちを作ることができます。

3. 精神的な支えになる

「頼る人がいる」「いざとなったら助けてくれる人がいる」というのは、大きな安心感につながります。
またお子さんも、さまざまな世代の人に触れ合える機会が増えるため、世代を問わないコミュニケーション能力を身に付けていくことができます。

4. 防犯面でも安心

「二世帯住宅ならば絶対に安全!」とはいえませんが、二世帯住宅の場合は「だれかが家にいる」という状況になりやすいといえます。
泥棒は、人がいないときに忍び込んでくるケースが多いものです(例外もあります)。二世帯住宅はこのような侵入者を防ぎ、「安全な家」を作ることに役立ちます。

二世帯住宅、3つのかたち

二世帯住宅のかたちは、下記の3つに分けられます。
それぞれ見ていきましょう。

完全同居タイプ
部分同居タイプ
完全分離タイプ

完全同居タイプ

「二世帯住宅」と聞いたときにぱっと思い浮かぶのはこのかたちなのではないでしょうか。
これは、「バスルームもキッチンも玄関も共有で使う」というタイプの二世帯住宅です。多くの場合、2階が子世代の住まいとなり、1階が親世代の住まいとなります(ただし、「2階に子世代、1階が親世代」というかたちは「部分同居タイプにあたる」とする考え方もあります)。

このタイプの二世帯住宅の場合、お互いの顔が見えやすく、その分協力も仰ぎやすいといえます。家族でしっかりと情報を共有することができるのです。
また、水回りや玄関を1つにすることができるため、建築費用も抑えられます。

部分同居タイプ

「玄関のみ共有」「キッチンとお風呂場だけ共有」などのように、一部の設備だけを共有するかたちをいいます。

「完全同居タイプ」と「完全分離タイプ」の中間に位置する形態であり、「完全同居タイプに比べてプライバシーもそれなりに確保できるし、建築費用も完全分離タイプほど高くはならない」という特徴があります。完全分離タイプに比べてプライバシーの確保が難しく、建築費用は完全同居タイプよりも高くなるともいえます。
なお、この二世帯住宅のかたちを希望する場合は、「どの部分を共有するか」についての話し合いをしっかり行う必要があります。

完全分離タイプ

玄関もお風呂場もキッチンもすべて独立しており、別個の家のようになっています。お互いのスペースへの行き来は、渡り廊下を使って行うなどのかたちがみられます。

プライバシーの確保ができ、生活サイクルがかみ合わない家族であっても快適に過ごすことができます。光熱費なども分けて計上しやすく、「自分の親ではない人と一緒に過ごすことになる配偶者」に配慮できるかたちでもあります。
ただ、建築費用はかさみます。また、情報の共有が難しくなるというデメリットもあります。

提坂工務店の二世帯住宅

二世帯住宅のかたちには、正解・不正解はありません。そのご家庭ごとに、「最適なかたち」があります。提坂工務店で二世帯住宅の建築をご依頼していただいた場合は、家族のライフスタイルや将来の家族構成など、細かなヒアリングを行います。そのうえで、最適な構造・間取りの二世帯住宅をご提案します。